2013年01月14日

改正高年齢者雇用安定法が4月に施行

厚生年金の受給開始年齢が60歳から65歳へと引き上げられることに対応し、定年後も希望者すべての継続雇用を企業に義務づける改正高年齢者雇用安定法が4月に施行される。60歳の定年後、無収入となる事態を避けるためだ。本格的な高齢化社会では安心して働き続けられる労働環境の整備が欠かせない。ただ、そのための原資をどう捻出するかは難しい問題だ。現役世代の負担増も含めて賃金制度を抜本的に見直そうとする企業も出ており、今春闘の論点のひとつになっている。
将来を見据えて個人年金で空白の5年間に備えてきた人はどれだけいるのだろうか。


【PR】国民年金・・・わかりやすい国民年金法の解説
posted by くろう at 16:16| 海外年金生活
老後資金
リンク集