2013年01月26日

公的年金、4〜9月分据え置き 10月からは1%減額

2013年度の公的年金支給額について、4〜9月分は12年度と同額で据え置かれることが決まった。厚生労働省が25日、発表した。消費者物価指数の下げ止まりを受け、3年ぶりに据え置いた。ただし10月分からは、過去の物価下落時に減額しなかった分を調整するため、1・0%引き下げられる。

公的年金には、物価の変動に応じて、翌年度の支給額を増減させる仕組み(物価スライド)がある。12年度の支給額は前年度比で0・3%、11年度は0・4%、減額されていた。


【PR】老後の生活費・・・豊かな老後を過ごすには1億円必要!?
posted by くろう at 17:14| 日記
老後資金
リンク集